ホームNews > アルビレックスグループが第2回日本サービス大賞「地方創生大臣賞」を受賞!
加藤健球団社長補佐 訪問活動コメリ コメリは、新潟アルビレックスBCを応援しています。新潟日報昱(あきら)グループOKAショップASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストアHARD OFF ECOスタジアム新潟ルートインホテルズ×BCLでお得に泊まろう・観よう!ふるさとSPORTSルートインホテルズ稲葉大樹選手応援サイトfacebooktwitteruetreamyoutubeメルマガ登録

News

2018,06,29, Friday|お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

いつも新潟アルビレックスBCに温かいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。
このたび、当クラブを含む「アルビレックスグループによる総合型地域スポーツクラブ」が「第2回 日本サービス大賞」にて『地方創生大臣賞』を受賞しましたことをお知らせいたします。

6月28日(木)にANAインターコンチネンタルホテル東京で開催された表彰式には、アルビレックスグループを代表して株式会社アルビレックス新潟 取締役会長 池田弘が出席し、梶山弘志内閣府特命担当大臣から表彰状と楯が授与されました。

 

null

 

null


アルビレックスグループはスポーツで地域に夢と活気を生み、スポーツによる全国・世界への発信を目指し新潟の皆様と共に歩んで参りました。今般の受賞を励みに、今後とも地域の皆様に愛されるチームとして努力して参りますので、引き続きのご支援とご声援をよろしくお願いいたします。

 

■日本サービス大賞について
「優れたサービスをつくりとどけるしくみ」を表彰対象とし、「受け手の期待に対する達成度」、「サービスをつくりとどけるしくみ」、「サービス産業の発展への寄与」を審査基準としている。

<第2回日本サービス大賞概要>
主催:公益財団法人日本生産性本部 サービス産業生産性協議会(SPRING)
後援:総務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省
日本サービス大賞委員会:委員長 野中郁次郎(一橋大学 名誉教授)および、サービス提供事業の経営者、学識経験者等の有識者によって構成
公募総数:392件
賞の種類:内閣総理大臣賞、地方創生大臣賞、総務大臣賞、厚生労働大臣賞、農林水産大臣賞、経済産業大臣賞、国土交通大臣賞、優秀賞、JETRO理事長賞、審査員特別賞

 

■受賞のポイント
アルビレックスグループは「新潟県内を中心とした地域密着型のスポーツクラブで、日本で唯一、7種目のスポーツでジュニアからトップチームまでを整備し、世界レベルの選手を輩出するなど新潟のブランディングにも貢献。"アルビレックス"とブランドを統一しながらも競技特性に応じて独立採算制で運営、スポーツを『する』『観る』だけでなく『支える』『繋がる』というニーズにも応えることで、企業スポーツではない地域密着型の運営を実現し、スポーツ文化の醸成と地方創生に貢献しているサービスである」と評価。

 

■アルビレックスグループ(12のチーム・クラブ)
アルビレックス新潟(男子サッカー)
アルビレックス新潟レディース(女子サッカー)
アルビレックス新潟シンガポール(男子サッカー)
アルビレックス新潟バルセロナ(男子サッカー)
新潟アルビレックスBB(男子バスケットボール)
新潟アルビレックスBBラビッツ(女子バスケットボール)
新潟アルビレックスBC(野球)
新潟アルビレックスランニングクラブ(陸上)
アルビレックスチアリーダーズ(チアリーディング)
アルビレックスレーシングチーム(レーシング)
チームアルビレックス新潟(スキー・スノーボード)
オールアルビレックス・スポーツクラブ(幼児体育・卓球等)

 

活動実績
 社会貢献活動 合計年間800件以上(指導者派遣、幼稚園・小学校への訪問、医療・福祉施設への慰問、地域イベントへの参加など)(2017年)

 

 スクール生数 合計約3,000人(2017年)

 

 選手輩出
【男子サッカー】矢野貴章(2010W杯)、鈴木武蔵(2016五輪)、酒井高徳(2014・2018W杯)
【女子サッカー】上尾野辺めぐみ(2011・2015W杯)、川村優理(2015W杯)、中村楓(2017アルガルベ杯)、小原由梨愛(2014アジア杯)、阪口萌乃(2018アジア杯)、平尾知佳(2018アジア杯)
【野球】※NPB選手輩出 雨宮敬(2011読売ジャイアンツ(当時))、渡辺貴洋(2011読売ジャイアンツ(当時))、ミッチェル・ジョン・デニング(2015ヤクルトスワローズ(当時))、高井俊(2016読売ジャイアンツ)、渡邉雄大(2017福岡ソフトバンクホークス)
【陸上】久保倉里美(2008・2012・2016五輪)
【スキー・スノーボード】皆川賢太郎(2006五輪)、藤森由香(2010・2014・2018五輪)、広井法代(2006五輪)、吉岡大輔(2006五輪)
【チアリーダー】※NFLチアリーダーとして活躍 柳下容子(ロサンゼルス・チャージャーズ)、石田季子(サンフランシスコ・フォーティナイナーズ)、小野綾子(ジャクソンビル・ジャガーズ)、安藤美和(タンパベイ・バッカニアーズ)

 

 団体競技成績
【男子サッカー】2004年~2017年J1リーグ所属
【女子サッカー】2007年~現在 なでしこリーグ1部所属、皇后杯準優勝4回
【シンガポール サッカー】2016年・2017年Sリーグ4冠
【男子バスケットボール】2005-2006シーズンbjリーグ準優勝、2016~現在 B1所属
【女子バスケットボール】2011~現在 Wリーグ所属
【野球】2012年プロ野球独立リーグ日本一、BCリーグ優勝2回、準優勝2回
【陸上】2016年全日本実業団対抗陸上競技選手権大会優勝
【レーシング】2017年~現在 全日本F3選手権

 

 動員実績
【男子サッカー】2003年~2005年 年間観客動員数Jリーグ1位
【男子バスケットボール】2017-2018シーズン観客動員数Bリーグ5位
【野球】2011年~2017年年間観客動員数独立リーグ1位
【陸上】2017年エントリー12,957人の新潟シティマラソン運営をサポート

 

■本案件に関するお問い合わせ先
アルビレックスグループ連絡連携会議 事務局
担当者:髙橋 孝輔
TEL:025-212-3310
E-mail:kosuke-takahashi@nuhw.ac.jp

月別記事一覧
2009年04月(1件)
2009年12月(1件)
2010年01月(1件)
2010年02月(1件)
2010年03月(4件)
2010年04月(11件)
2010年05月(3件)
2010年06月(5件)
2010年07月(3件)
2010年09月(3件)
2010年10月(5件)
2010年11月(7件)
2011年01月(2件)
2011年02月(2件)
2011年03月(12件)
2011年04月(3件)
2011年06月(2件)
2011年08月(3件)
2011年09月(3件)
2011年10月(3件)
2012年03月(1件)
2012年07月(4件)
2012年09月(5件)
2012年10月(2件)
2013年04月(2件)
2013年05月(2件)
2013年06月(1件)
2013年07月(5件)
2013年08月(5件)
2013年09月(5件)
2013年10月(16件)
2013年11月(15件)
2013年12月(15件)
2014年01月(4件)
2014年02月(8件)
2014年03月(22件)
2014年04月(34件)
2014年05月(36件)
2014年06月(21件)
2014年07月(38件)
2014年08月(53件)
2014年09月(34件)
2014年10月(15件)
2014年11月(12件)
2014年12月(12件)
2015年01月(5件)
2015年02月(8件)
2015年03月(18件)
2015年04月(29件)
2015年05月(23件)
2015年06月(26件)
2015年07月(30件)
2015年08月(21件)
2015年09月(26件)
2015年10月(15件)
2015年11月(16件)
2015年12月(11件)
2016年01月(7件)
2016年02月(5件)
2016年03月(23件)
2016年04月(23件)
2016年05月(23件)
2016年06月(28件)
2016年07月(15件)
2016年08月(25件)
2016年09月(13件)
2016年10月(15件)
2016年11月(19件)
2016年12月(18件)
2017年01月(12件)
2017年02月(6件)
2017年03月(16件)
2017年04月(25件)
2017年05月(16件)
2017年06月(25件)
2017年07月(34件)
2017年08月(20件)
2017年09月(9件)
2017年10月(8件)
2017年11月(7件)
2017年12月(8件)
2018年01月(7件)
2018年02月(4件)
2018年03月(20件)
2018年04月(23件)
2018年05月(22件)
2018年06月(22件)
2018年07月(9件)