2020年シーズンの開幕日及び運営体制の決定について

2020.06.05 球団からのお知らせ

新潟アルビレックス・ベースボール・クラブでは、ルートインBCリーグ2020年シーズンの開幕日及び運営体制について、以下の通りお知らせ致します。

※6月12日更新:「2020年度ルートインBCリーグ公式戦日程(6月分)及び運営ガイドラインについて」

2020年シーズン ルートインBCリーグ開幕戦

6月20日(土)
対信濃グランセローズ
HARD OFF ECOスタジアム新潟
13:00試合開始
※無観客開催

池田拓史球団社長のコメント

日頃より新潟アルビレックスBCの運営に多大なるご理解とご支援を賜り、この場をお借りして、改めまして皆様に厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の影響で、「6月中旬以降」となっておりました開幕時期につきまして、臨時代表者会議で毎週議論を重ねて参りましたが、【6月20日(土)開幕】を決定致しました。

でき得る限り、リスクを低減した形でリーグ運営ができるようにアイディアを出し、移動距離の軽減や、試合時間の短縮等につきまして、方策を検討して参りました。

その結果、今シーズンは、リーグ運営体制を根本から見直し、試合日程の再構築、特別ルールの導入等の各種対応を行うこととなりました。

新潟アルビレックスBCは、皆様の安全を第一に考えて、当面は無観客開催とさせて頂いた上で、適切なタイミングで有観客開催を実現できるよう、準備を進めて参ります。

また、皆様に安全な形でBCリーグをお楽しみ頂き、スポンサーの皆様とサポーターの皆様を繋げられるよう、シーズンを通じて、インターネット中継を実施できる体制の構築に努めております。

弊球団を支えて下さる皆様にご心配をお掛けして大変申し訳ございませんが、変わらぬご理解とご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ
代表取締役社長 池田 拓史

2020 年シーズン ルートインBCリーグ運営体制

地区分けについて

12 球団を3 地区6 グループ制とする。

東地区

グループA:茨城アストロプラネッツ、栃木ゴールデンブレーブス
グループB:埼玉武蔵ヒートベアーズ、神奈川フューチャードリームス

中地区

グループC:福島レッドホープス、新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ
グループD:群馬ダイヤモンドペガサス、信濃グランセローズ

西地区

グループE:富山GRN サンダーバーズ、石川ミリオンスターズ
グループF:福井ワイルドラプターズ、オセアン滋賀ブラックス

通期制

通期制にてリーグ戦を実施する。

リーグ戦試合数及び開催方法

・年間60 試合(ホーム30 試合、ビジター30 試合)とする。
・対戦数が多いチーム同士でグループ(A~F)を編成し、グループ内で勝率が高いチームが地区CS へ進出する。

※選手の移動距離を可能な限り軽減するため、隣県球団との対戦数を増やす。

プレーオフについて

  • 概要は後日発表する。

読売ジャイアンツ(三軍)戦について

  • 公式戦には組み込まない。

新しいルールの導入について

  • 7 回以降、2 時間45 分を超えて新しいイニングに入らない。
  • リーグ戦において延長戦は行わない。
  • 一部試合において7 イニング制ダブルヘッダーを導入する。

リーグ運営体制の要点

  • 公式戦試合数は、70試合を予定しておりましたが、60試合(ホーム30・ビジター30)となります。
  • 「前後期制」を見直し、「通期制」を採用します。
  • 「2地区制」を見直し、「3地区6グループ制」を採用します。
  • 移動距離を軽減するため、各地区を2グループに分けた上で隣県カードを傾斜配分します。
    ※新潟は、「福島40+群馬10+信濃10=60試合」となります。
  • 各グループ内で勝率が高いチームが、地区チャンピオンシップへの出場権を獲得します。
    ※新潟は、中地区、グループC(福島と同グループ)となります。
  • プレーオフ(地区CS、リーグCS)の概要は、後日発表させて頂きます。
  • 公式戦扱いでの巨人三軍戦は、中止となります。
この記事をシェアする
年月別
アルビBCの活動
PRバナー